カテゴリー別アーカイブ: 記事より

2013年のまとめ


マレーシア、ジョホールバルの

スリアラインターナショナルスクールから、

あけましておめでとうございます !

新しい年を迎えるにあたって、
2013年のサイト統計データのまとめを共有します。

概要はこちらです。

シドニーにあるオペラハウスのコンサートホールには2,700人が収容できます。2013年にこのブログは約22,000回表示されました。オペラハウスのコンサート8回分になります。

2013年には29件の新しい投稿が追加され、このブログのアーカイブの合計は41件になりました。 19枚の写真がアップロードされました。これは1ヶ月に約2枚の写真という計算になります。

1年のうち一番人気のあった日は6月24日で、1,241回表示されました。その日最も人気があった記事は「マレーシア、シンガポールのヘイズによるPSI(大気汚染基準指数)が危険値371」です。

読者の所在地は ?

合計57ヶ国です。
人気の国: 日本, マレーシア, シンガポール

2014年もどうぞよろしく !

2013年に、スリアラインターナショナルスクール日本語版サイトご利用いただきありがとうございました。

2014年もご利用いただけるのを楽しみにしています。

Happy New Year!

Viewpoint at Iskandar’s Web Portal


Viewpoint.

This is your early wake up call…

…..The concern is that this willingness to keep learning doesn’t always seem to extend to adults. Too many folks seem to be stuck with attitudes that are ten, twenty, even thirty years out of date in so many ways and this is not good because as long as it continues, how are we to grow?

Let me give you an example. We teach our students about the importance of looking after the planet and its environs because in future years, this will be their World, right?

…..

NHK Onlineより


急増!日本からマレーシアへの“教育移住”


「子どもに英語を学ばせる最良の方法は、英語を話す子と一緒にいさせることです。
少しずつ自信をつけさせることで、自ら学んでいくようになるのです。」

ニューストレーツタイムズ新聞記事より – スリアラインターナショナルスクールでのチャリティ、ファンドレイジングバザー


4月14日、土曜日に開催されたスリアラ・インターナショナルスクールでのチャリティ、ファンドレイジングバザーが、去年に引き続き、ニューストレーツタイムズ (NewStraitsTimes) 新聞に取り上げられました。

新聞記事よりの概要:去年の4月に成功をおさめた、日本への津波基金の為のチャリティバザーで、自分達の力で、助けの必要な人達を援助する重要さ、その際の喜びを学んだスリアラの生徒たちは、今年も、資金調達バザーを行いました。

それぞれのゲームコーナー、食べ物コーナー、音楽コーナー、アートコーナーに洗車コーナーにと、それぞれのクラスで工夫をこらし、準備をしてきた生徒達に加え、それぞれの先生たちのコーナーに、去年に引き続き、日本人生徒達の家族からは、焼き鳥、寿司、おにぎり、やきそば、お好み焼きコーナーなどと、非常にバラエティ豊かなファンフェアーとなりました。

今回は、毎年末に行われるチャリティ活動先は、この基金を元に、それぞれのクラスに託され、年末までに決定されます。

Sri Ara students learn the joy of helping underprivileged

By PEGGY LOH | JOHOR BARU | johor@nst.com.my 0 comments

CHARITY: The youngsters of various nationalities repeat the success of last year’s fund-raising food and fun fair

car wash for charityThe car wash for charity.

1 / 4

STUDENTS of Sri Ara Private School had so much fun at last year’s fund-raising food and fun-fair that they were keen to hold a similar event this year.  They were thrilled that the funds raised were channelled to the Japanese earthquake and tsunami relief fund through the Malaysian Red Crescent Society to its counterpart in Japan.

The rewarding experience encouraged the students to hold another fundraiser this year but they were undecided as to which charity to support.

“I gave them a challenge to help us decide which charity the school should support,” said school chairman Nooraini Mohd Yasin.

She said senior students were encouraged to take the lead in their teams to raise funds, do research on the charity of their choice and make a formal presentation complete with visuals, to the school board for its consideration and decision.

“The project involved teamwork, event-organising, research, reasoning and presentation skills,” she added.

The students approached the project with gusto and came up with zany ideas for games stalls and ways to raise funds including a car wash, a music-machine and a little live band that accepted song requests

Read more: Sri Ara students learn the joy of helping underprivileged – Johor – New Straits Times http://www.nst.com.my/streets/johor/sri-ara-students-learn-the-joy-of-helping-underprivileged-1.77242#ixzz1tsLCKh8w

以下は、1年前にスリアラで行われた日本津波震災チャリティの際のニュースレターです。